*

専任媒介は定期的に依頼主に状況を報告すること

実物を見ることができるオープンハウスは宣伝効果が高いので、中古マンションの場合は成約率が高くなることが知られています。

 

とはいえ、オープンハウスにも欠点がないわけではなく、自宅を売りに出すということが近所の人たちに知れることは否めません。

 

広告がエリア内の一戸建てにもマンションにも配布され、当日は立て看板などが立ち、目立つように配置されるので、売却が決まるまでは近所に知られたくないという考えであれば、それなりに負担になるかもしれません。

 

リフォームをしてからマンションを売りに出した方が、売却価格が高くなると信じている方もおられるようです。

 

ですが実際にはその考えが通用しないこともあります。

 

リフォームをするとなると結構な出費になってしまいますし、使ったお金が売却によって回収できないという本末転倒な事態に陥る可能性もあるのです。

 

住む人の感性一つで好き嫌いは分かれてしまうので、リフォームを行うのではなく、値引きをしてアピールした方が想定よりも早く売れたりするのです。

 

買いたくなくなるような明らかな欠陥でもない限りは、そのまま売ってしまって大丈夫です。

 

可能な限り不動産を高値で売りたい人は、始めにあちこちの不動産業者に査定してもらうことです。

 

驚くほど業者間で査定額に開きが出ることもよくあります。

 

かつ、契約は基本的に専任媒介で結ぶのがいいです。

 

宣伝に費やす予算が一般媒介では専任媒介より少ないため、購入希望者があっさりとは見付かりません。

 

それだけでなく、専任媒介は定期的に依頼主に状況を報告することが義務づけられています。

デリケートゾーン黒ずみ解消



コメントする