フラット35金利引き下げ

フラット35Sの金利引き下げを徹底解説

住宅金融支援機構が提供するフラット35S(優良住宅支援制度)により省エネルギー性などの条件を満たす場合に1%の金利引き下げが受けられます。この優遇制度は募集金額と期間が決まっているほか満たさなければならない技術基準や金融機関の比較方法など難しいポイントが多いのも特徴です。当サイトはあなたのフラット35選びをしっかりサポートします。

フラット35S金利引き下げランキング 《2016年6月版》

楽天銀行 フラット35

【1%引き下げで業界最低水準の金利がさらにお得に】
楽天銀行は業界最低水準の金利と、スマイルプログラム楽天銀行コースを利用することで1.05%に下がる融資事務手数料率の低さでフラット35の支払総額ランキングで常に上位をキープするおすすめの会社。フラット35Sの当初10年間の1%引き下げを利用して他の住宅ローンと比較すると固定タイプだけではなく変動タイプの商品よりも低い金利を実現。35年の長期固定ということでわずかの利率の差が大きな金額の差になる住宅ローンで1%引き下げのメリットは非常に大きくシミュレーションでは3000万円を35年で返済すると300万円以上得するという結果が出ています。またネット企業の楽天の力を徹底的に活用してコストを削減することで従来では考えられなかった高水準のサービスを実現しクリこみでも多くの方に支持されています。フラット35ではその仕組み上必要になる事の多い「つなぎ融資」にも対応し、失業保障特約や入院保障特約を用意することで万が一のリスクにも安心の対応。契約まで来店不要で全国どこからでも借り入れが可能なおすすめの商品です。


新生銀行住宅ローン

【条件の良いサービスで完済までしっかりサポート】
新生銀行は現在口コミでナンバーワンの人気の住宅ローン。他を引き離す好条件のサービスであなたのローンを完済までしっかりとサポートしてくれる点が口コミでの評価の高さにつながっています。金利は固定プランも変動プランもギリギリまで低く抑えられており、気になる諸費用は事務取扱手数料が5万円そして団信生命保険料は銀行が負担、保証料は0円と文句なし。さらに繰上返済は手数料0円で1円から可能など現在考えられる最高水準のサービスを提供。手数料は無料ですが最低でも100万円からという制限があるフラット35と比較するとその条件の良さが際立ちます。新生銀行では返済期間を長くして毎月の返済額を抑え、資金に余裕ができたら繰上げ返済を積極的に行うことで期間を短縮するといったライフスタイルに合わせた借り入れも可能。将来の状況に対する備えを考えることができます。また新生銀行は借り換えも人気があり、借り換えで期間を延長できるなどまさに新しい時代のおすすめ住宅ローンです。
※ 上記新生銀行の商品はフラット35ではありません。しかし条件を比較した結果おすすめするべきであると判断しランキングに掲載しています。


住信SBIネット銀行住宅ローン

【新時代のネット銀行ならではのサポートで勝負】
住信SBIネット銀行はネット銀行だから可能になった充実のサポートが評判。これまでの常識を破った新時代のの住宅ローンとして今では多くの方が利用する人気商品になっています。長期固定でも変動でも住宅ローンの最低水準まで引き下げられた驚異の低金利で注目を集めているだけではなくサポート力でも他に負けません。万が一の時の備えとして必要ですがフラット35では別途支払が必要となる団体信用生命保険料は住信SBIネット銀行が負担。また将来におけるガンや脳卒中、生活習慣病などの病気に備える8疾病保障も完備、これも銀行負担であなたは保険料を払う必要なし。何が起こるか分からない将来の事故や病気の備えは万全です。またサービス面をみると、繰上げ返済はどこよりも早く手数料無料で1円から何度でも可能という最高の条件を達成。常により魅力的な住宅ローンを目指しています。変動と固定のいいとこどりができるミックス金利プランや、借り換えローンなどもおすすめの注目商品です。
※ 住信SBIネット銀行の商品もフラット35を上回る条件の良さを考慮してランキングに掲載しています。


ARUHI フラット35

【1%引き下げを受けるならシェアNo.1のARUHI】
ARUHIは都市銀行など多くの金融機関を抑え取り扱いシェアNo.1を連続して獲得する人気の会社。業界最低水準の金利・全国に80店舗以上のショップを展開・申し込みから実行まで最短1週間で対応という3つの理由でシェアNo.1の座をキープし続けています。特に取扱金融機関によって金利が異なるフラット35で最低水準を常に保ち続けているその信頼度の高さと、実行までの対応の早さには定評があり、他の会社ではまねができないもの。基準を満たす優良住宅が受けられる年利1%の引き下げを合わせるとそのメリットは非常に大きなものになります。さらにARUHIは手厚いサポートが口コミでも評判。日本で初めてフラット35に8疾病保障特約を付帯しさらに失業保障特約三ツ星君なども用意されているのでこれからのリスクにもしっかりと対応。相談や申し込みはSBIのショップでも可能ですから安心して借りることができます。

優良住宅支援制度のフラット35Sエコ金利引き下げを活用

フラット35Sの金利引き下げ1%の効果はどれくらいあるのか計算したことがありますか?

景気対策の一環として拡充された金利の優遇は当初10年間が1%、20年引き下げタイプの場合はそのあとさらに10年間0.3%の引き下げを受けることができます。

長期間の固定ローンでさらに、もともと金利水準が低いこともあって1%といってもその利息節約効果は非常に大きいものになります。

例えばモデルケースとして、借り入れ金額を3000万円、金利2.3%でボーナス払いなしの35年の元利均等返済という条件でシミュレーションしてみます。

優遇制度を利用しない場合の総支払額は約4370万円です。当初10年間の1%値引きを適用すると総支払額が約4063万円、20年引き下げタイプでは約4000万円というシミュレーション結果が出ました。

フラット35Sの値引きを適用されるだけでトタールの支払額が300万円以上お得になるのです。この制度を積極的に活用するべきだということがわかります。

シミュレーションは住宅金融支援機構のWEBサイトやそれぞれの金融機関のサイトでも確認することができます。毎月の返済額や期間、借り換えの効果なども簡単にシミュレーションすることができますからぜひ活用していきましょう。

これだけ大きな節約効果のある景気対策の支援制度ですが注意点もあります。まず一番大事なのは予算の上限と申し込みに期限があるということです。申し込みは2011年の12月30日までという期限が決められていますが、期限内でも予算の上限に達してしまった場合には早期に打ち切りになる場合もあるのです。

エコカー補助金が駆け込み需要の増加で早期打ち切りになったのと同様に、実際に今年に入ってすでに申し込みが増えていますから、できるだけ早めに申し込みをすることをおすすめします。

また今なら住宅ローン減税の拡充のメリットも受けられますからマイホームを建てたいという方にとって大きなチャンスであることは間違いありません。

フラット35Sえことは?

フラット35Sは長期金利固定ローンのフラット35に500年使うことができる住宅といった優良住宅習得のための条件をつけることで更に優遇されるというもの。景気対策という側面が強い制度です。「S」はスペシャルという意味なんだとか。

優良住宅とはどのような基準があるかと言うと大きく4つの項目があり省エネルギー性と耐震性と耐久性・可変性とバリアフリー性の項目で一定基準を満たした住宅が優良住宅とされています。

しかし優良住宅の購入に関してなら全ての人に適用される訳では無く一定の募集金額が設けてあり募集金額に達した時点で受付けが終了してしまいます。ではフラット35sは具体的にどのような制度か説明すると10年間1.0%も金利が優遇されます。

さらに20年の返済プランの場合には11年目〜20年目まで通常のフラット35の金利から0.3%も金利が優遇されます。1.0%の金利優遇は数字を見るだけでは解り難いかもしれませんが例えば3000万円を35年間金利は3%で借りる事で両者を比較すると総返済額に676万円もの差がでることになります。でしから1.0%と軽く考えずに利用するチャンスがあれば利用する事をオススメします。但し、借り換えではフラット35Sは利用できないので注意が必要になります。

技術基準はより厳しいものとなっていますが金利が大きく優遇されるため住宅購入時に利用価値の高い住宅ローン商品と言えます。